アトピーは100%遺伝ではない - アトピーは100%遺伝ではない

アトピーは100%遺伝ではない

最近多くなってきているアトピー。 正式にはアトピー性皮膚炎と言います。 アトピーを引き起こすのはアレルギーに反応をして引き起こるといわれています。 体の中に入ってきたアレルゲンに反応して、体内から除去しようとして反応します。 アレルゲンというのは体にとっていい成分ではないので、湿疹や痒みなどの過剰反応が起こってしまうのです。

 

よくアレルギーは遺伝をするといいます。 これは、両親がアレルギーの場合は50%の確率で遺伝をします。 一方の場合は、30%ほどといわれています。 全くアレルギーのない両親からでも10%の確率で発症するといわれています。 ですので、家族の中に一人でもアレルギーを持っている場合にはアレルギー体質になる確率というのは非常に高くなるのです。 しかし、100%遺伝が原因で発症するわけではありません。 アレルギーというのは、いくつもの原因が重なり合うことで発症をします。 その為、全てが遺伝が原因ではないのです。

 

環境要因やダニ、ストレス、食事など様々な事が引き金にあって発症するので、こうした原因を突き止める為には、医療機関で検査をするべきだと思います。 原因を特定することによって、症状を和らげる対策の1つにすることができます。